ニット

タートルネックの衿詰めローゲージ~ミドルゲージ編/2

投稿日:2015年2月19日 更新日:

ボリュームのあるタートルネックの襟の高さを低くしたりクルーネックにリフォームする。厚手タートル編み直しのテクニックその2のご紹介です。その1はこちら

解いた糸をアイロンでまっすぐに今回は襟を2重に仕上げませんので必要な高さまでほどきます。糸をアイロンでまっすぐに伸ばすところは前回と同じです。襟端を棒針編みで編み止めるやり方なので、棒針を通していきます。棒針を通す写っていませんが、輪編みにするので、棒針を4~5本使います。次にとじ針で編み止めていきますが、このセーターは襟パーツを襟先から編んで来ているため普通の編み止めでは、不自然な見栄えになります。教本には載っていないアレンジを加えた2目ゴム編み止めで仕上げました。このアレンジというのは、私が編み出したものです、編み物だけに、なんちゃって。
編み上がったものが下の写真です。

編み終わり編み終わりその2襟パーツが一重でスッキリ。厚手ニットにはこの方法おすすめです。前回との仕上がりの違いをご覧ください。

仕上がりに違い一口にクルーネックと言っても色々なデザインがありますね。

薄手のタートルのお直し例はこちら

-ニット,
-

Copyright© アネモネ , 2018 All Rights Reserved.